I.P.P.A. project

ISRP(イスルプ)という特殊な生物を管理する秘密組織・I. P. P. A.(イッパ)を舞台に起こるアレコレを描いたオリジナルweb漫画。

2020年4月現在、episode15:スターゲイザーをゆっくり更新中です。

画面右上の「…(三点リーダー)」を押すと出てくるリンクメニューから、各エピソードへアクセスできます。

更新のおしらせ


episode一覧

episode01:I.P.P.A.は夜に駆ける

夜のはじまり。

高校一年生の峰岡武士は、ある日突然、同級生の山口康文に、I.P.P.A.という組織でバイトをしないかと誘われる。
そのバイト先で偶然、幼なじみの杉谷美咲に関する書類を見つけて…?

episode01を読む→


episode02:試される高校生

武士のバイト継続問題。

I.P.P.A.でのアルバイトを始めた武士。バイトを続けるにあたり立ちはだかるのは、新規入組者が必ず受けなければならないという「基礎試験」。そしてさらに大きな壁も現れて…。

episode02を読む→


episode03:秋の暮れ、冬の入り

呪いはなかなか解けない。

1か月のバイト期間を経てもなお謎多き組織・I.P.P.A.。中でも共に働く康文は、自分のことを話したがらないこともあり、謎が多い。
とある日、軽い気持ちで武士が質問を投げかけてみると…。

episode03を読む→


episode04:薫ずるは花の香

淡い恋心の行方。

バイト先で内勤専任の近衛薫に、ほのかに憧れを抱いている武士。
相手は大人、特に進展を望まない武士だったが、ある日突然、あらゆる手を使って薫に近付こうとする男が現れて…!?

episode04を読む→


episode05:藻掻く

少女に忍び寄るもの。

杉谷美咲、16歳。成績優秀で生活態度も模範的な優等生。そんな美咲の様子が、最近なんだかおかしい?もしかすると「中和チップ埋入実験」の影響かもしれないと、康文に聞かされた武士は…。

episode05を読む→


episode06:つれづれの終わり

エンド・オブ・イントロダクション。

ある日の朝、混雑する電車の中で、武士はISRPの気配を感じる。それは繁忙期への序章。穏やかな冬が終わり、春、そして慌ただしい夏がやってくる前触れなのだった。

episode06を読む→


episode07:春の雨は幕開けを唄う

そのはじまりに、皆気付かない。

武士に仕組まれて図書委員になった康文は、同じタイミングで偶然図書委員になった美咲とペアを組んで委員の当番をすることになった。康文にライバル意識を持つ美咲は変に意識してしまい…。

episode07を読む→


episode08:バイオトランスフォーメーション

露呈。

美咲が拉致された!そしてその様子を目撃して、追いかけた武士も一緒に連れ去られてしまった!?
時間が経つにつれて事の不自然さを感じた康文は、独自で動き始めるが…。

episode08を読む→


episode09:不可抗力

おおきく流れる。

康文は様々な疑念を晴らすため、関係者以外は立ち入り厳禁のI.P.P.A.へ美咲を招き入れる。
そこで明らかにされた、美咲に起こっていた変化とは?

episode09を読む→


episode10:恋するおはじき

梅雨のはじめのささやかな事件。

数日前から始まった美咲への嫌がらせ…それはおはじき!?
ことを大きくしたくないと願う美咲に反して、武士と康文は犯人探しに立ち上がる!

episode10を読む→


episode11:導かれし者たち

過去、現在、そして未来への準備。

I.P.P.A.市岡第2支部の康文以外の正規職員は、西島孝弘、近衛薫、斎藤あかねの3人。
彼らが現在の支部に所属することになったのは、実は偶然ではなかった…?

episode11を読む→


episode11.5:彼らのささやかな苦悩

それぞれのカウントダウン。

康文は今まで体験した事のない苛立ちに、美咲は自らを変えるべく、そして武士は、年に一度のその日を前にして、ささやかに苦悩していた。

episode11.5を読む→


episode12:使命

とある7月27日。

施術当日。I.P.P.A.の研究所へ向かう電車の中で、康文は美咲から、武士に関する思いも寄らない話を聞く。
一方、康文に美咲の付き添いを託した武士はひとり、とある場所へ向かっていた。

episode12を読む→


episode13:天使はいたずらにその矢を放つ

週末だけの、脆く、不確かな約束。

夏休みも終わりに近いとある日、武士は偶然、覚えのある顔に出会す。それは美咲が拉致され、連れ去られた現場にいた女性!
その場に残された学生証を元に、武士はひとりで彼女を探すが…。

episode13を読む→


episode14:太陽が消えた日

北の終わりと、南の祈り。

修学旅行の前々日、康文にもたらされた知らせは、母親の危篤だった。
武士は、母親の元へ向かうべく早退する康文を追いかけるが、そこで聞いたのは、康文の苦悩に満ちたひとことだった。

episode14を読む→


episode15:スターゲイザー

星に願いを。

半年ほどニート生活をしていた西島孝弘は、社会復帰をしようとしたタイミングで、友人の山口圭太から仕事の紹介される。
加えて、圭太の中学生の息子のことで、あるお願いされるが…。

※ただいま更新中のepisodeです。途中経過でよければ、上部「更新のお知らせ」よりご覧ください。